Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

ちぇろ

Author:ちぇろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鈴木明子 公式Blog


以下、ログインするには
ファンクラブへの入会が必要になります
カテゴリ
Pictures


月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

SOI東京公演

先の記事でも述べたのですが東京SOI楽日の公演にいきました
今更過ぎるし、私のわかめな記憶で満足な記事を
投稿できるとも思えませんが折角ですので。

ずっと行かないつもりで我慢してたんですよね
あっこちゃんにチャン選手までは何とか・・・
コストナー選手が来ることがわかった時点で決壊
買ってしまいました。

では特に記憶に残った選手を順不同で

トップバッターは織田君
いきなりでしたので周りがざわついていましたが
滑り始めたら落ち着いてきました
DOIでも観たラストサムライですが動きの質が断然向上してました
肩の使い方、腕の動かし方、足の位置まで美しくて失礼ながら驚きました

町田選手はロシュフォール
はまりプロとはこのこと町田選手はこういった
小粋な曲が本当に合う来季はダンサブルなプロが見たいなぁ

コストナー選手
シェヘラザードでした舞台みたいな表現や
スパイラルのエッジの深さといったらもう大興奮モノ

チャン選手
新プロでした。ベストオブミーという曲だそうです
もうとにかく足もと見ているだけでわくわくしました
加速感とエッジの深さ・・・凄いです

あっこちゃんは愛の讃歌
このプロを滑るにはアイスショーのリンクは狭すぎます
特にステップはスピードを落として距離が出ないようにしていたのですが
それでも変形巨大サーキュラーとなってしまっていました

昨年のPIW2013の時はステップ数を減らしていたのですが
今回は少なくともスパイラルは入れていました。

やはり観客に完全に近い形で披露したいのでしょう
スピード感をやや欠いていた分表現に対する意識を強く感じました
NHK杯で見た勢いのあるステップとはまた違った魅力がありましたよ

今後はショーリンクの大きさを考慮した
プログラム作りというのも大事になりそうですね
折角スピードも表現も持ち合わせているのだから
それを最大限に引き出せるものが出来るといいですね。






愛の讃歌 - Single - 平沼有梨

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

Tag : SOI  愛の讃歌  織田信成  町田樹 

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://3luroom.blog.fc2.com/tb.php/221-0ce5ed4d


蝶が舞うリースの時計

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。