Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

ちぇろ

Author:ちぇろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鈴木明子 公式Blog


以下、ログインするには
ファンクラブへの入会が必要になります
カテゴリ
Pictures


月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

会場のこと、土地柄など。

もうすぐワールドですね。
日本の選手がどこまで食い込めるかも楽しみですが私はタクタミシェワ選手が楽しみかなぁ
今季調子を取り戻すどころかお釣りが来るくらいレベルアップしていて嬉しいですね
来季こそイメージチェンジな選曲お願いしたい(笑)

ワールドともなると会場特にExも普段以上に気合いが入っていて楽しみのひとつ
例えば、モスクワはとにかく豪華で凄く見ごたえあったし
ニースはライトアップがお洒落で素敵だった会場アナも粋なお人でした。

日本からモスクワに変更になったとき日本で開催されていたら
果たしてあの演出に敵っただろうかと思いましたが
時を経て2014の埼玉でのワールドは
飛び抜けてすごい演出って訳ではなかったですが綺麗でしたし
観客が演出以上のものを引き出す選手観客一体型劇場となって物凄い雰囲気でした

今回は上海、中国です素敵な会場になると良いですね。


前に語り亭を見た後NHK杯Ex祭を開いていたのですが
ようするにあっこさんのNHK杯Exを全て見ていた(笑)・・・ら
真駒内の拍手の凄さに改めて驚愕!
ハンガリアンのときの凄さはもちろんのことバーレスクもかぁ
あっこさんの演技の歯切れ良さもあるでしょうが
音楽家の集まりかと思う位ぴったり揃っていました
音源に指を鳴らす音があるんですがそれにぴったり会わせてくるんですよね
会場をよく見るとスタンド席がそれほど広くなく変な残響がなくてあわせやすいのかも
音響のいい会場だし観客もノリがよく楽しそうだ

私が過去行ったことのある数少ない会場について触れてみます
あくまで私見ですがご参考まで。

新横浜は狭いですがそれがむしろ選手との
一体感を生み出していて見るぶんには文句ないです
3階はまだ行ったことないですが
見た感じ距離的にはそこまで遠くないです
でも死角があるかもしれませんね。
椅子が痛いし背もたれがなく会場極寒です(笑)
見ているうちに忘れます大丈夫・・・なハズ。

有明コロシアムは一度しかなくスタンド席でしたが
私には見やすい良い会場でした
リンクの端でも見やすいよう角度がついていて特別不満はありませんでした
寒さは新横ほどではありません
外気温も関係あるでしょうが代々木スタンド席よりは寒かったかもしれない。
そう言えば確か雪が降ったころだった気がします

幕張イベントホールもまだ一度でスタンド
特別不満はなかったですが駅からバスで行かないとダメな距離で
さらにトイレが別の施設にあり時間配分がキツイ
座席間隔が狭いですが見にくくは感じませんそのぶん椅子がフカフカで快適
アリーナはもしかするとパイプ椅子かも。
6月でしたか季節柄もあったかもですが会場は全く寒くなかったです
私はいつも重装備なのですが必要なかった無駄に荷物重くしてしまった
コートがあればなんとかなりそう場合によって+αで。

一番良く行くのは代々木第一スタンド席2階です
あまり寒くない会場です。
見るぶんには全く問題ないです但しアリーナ以外(笑)
アリーナは余程前方真ん中がとれたのでない限りオススメしません懲りました
でも選手との近さは魅力、運が良ければ関係者がそこにいるってこともあるし(笑)
音響はやや気になりますが2階位なら許容範囲、問題は3階席です。
2013NHK杯SPのとき3階中央付近で前を見るとスピーカーがあるという席でした
選手が米粒なのはわかっていたし思っていた以上に見やすかったのですが音が・・・
特にバイオリンなどの弦楽器と相性最悪で変な残響がありとてもずれて見える
あっこさんの演技も特にステップが今どこと合わせてるかわからなくて
録画を見てようやく演技と音楽の繋がりを確認できた状態
当時、初NHK杯+あっこさん引退シーズンと言うこともあってやや盲目的になっていましたが
今、冷静な頭であの席選ぶかって言われたら進んでは選ばないでしょうね

う~ん、でも結局現地観戦の魔力って凄まじいんですよね
席の鬱憤をいっぺんに晴らすあの魅力的な会場の雰囲気・・・
どんな席でも一度は味わっておくことをおすすめします。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

Tag : 会場 

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://3luroom.blog.fc2.com/tb.php/278-0c3e3cf3


蝶が舞うリースの時計

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。